Beads Tatting, Celtic Tatting, Daily Life, Tatting lace

キャンディーリースのモチーフ

こんにちは!Riekanです♪

月曜日はお休みなので、朝から家族のお迎えに行ったり、ファミレスでランチ食べたり(安くて結構!)お昼寝したり・・・ケルティック熱にとりつかれて、それらしきモチーフを色々考えたりしておりました。

ところで、みなさまは仕上げの糸始末はどうなさっていますか?
私は最初の糸は芯糸と一緒に編みこんで、最後の糸2本分だけ始末しているんですが・・・40番まではまだしも80番とかになってくると手持ちの針は一応入るけど目が小さすぎて見えづらくてガタガタになるしで、なかなか難しい!

80番くらいならさぁ・・・結んでチョキンでもよくない・・・?
こんな細かいんだし、よっぽどアラ探ししたい以外は見えなくない・・・?

と、囁いてくる悪魔を振り払って一生懸命縫いこんでいます。

ちなみにあまり小さい目のときはこれを使っています。
DSC06915母から強奪した、Hazukiの拡大鏡!
ただしこれも罠がありまして・・・近い距離のものはすっごくよく見えるんですが、例えばちょっと向こうの机にあるものに手を伸ばそうと目を上げた瞬間!

すっごく3D酔いする~(~O~;)

あれです、ド近眼の友達のメガネを『かして~』とか言ってかけてみちゃった時の気持ち悪さです。私自身ただでさえ度の強いメガネをかけているので、これ結構キツイ。最終手段として使っています。近くは本当によく見えるんですけどね!!

ちなみに今の手持ちの針はこれ。近所の手芸店ではこれが限界だったのです!
多分23番を使っています。

さっき越前屋さんのサイトを見たらDMCの細い針のお取り扱いがあったので、これを買おう!といろいろ見てたら糸やら追加ボビンやら、欲望のままに山程たくさんカートに入れてしまっていました(;・∀・)
もちろん全部買えないので、只今カートから出したり入れたり吟味中(笑)
とりあえずクリスマスカラーは揃えたいですね。

そんなクリスマスカラーにしてもいいようなパターンを作りました。
DSC06905左が前回の記事にて間違えて閉じてしまったもの。
右が本来やりたかったものです。
見たとおりスプリットリングのよくあるパターンだと思いますが、私はこのカラーリングから『キャンディーリースのモチーフ』と名付けることにしました。これクリスマスカラーにしたら結構雰囲気出るはず。このモチーフは直径4cmもないのでピアス・イヤリング向きですね。40番で作ってしまえば結構存在感のあるペンダントトップにもなる気がします。

さて、最終的に何を買おうかなぁ・・・
あーだこーだと欲望から要らないものを削ぎ落とす作業は続きます・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です