Celtic Tatting, Daily Life, Flowers, Tatting lace

リバーシブル♪しあわせ四つ葉のペンダント

こんにちは!Riekanです♪

先日、ケルト風タティングの記事を書きましたが、とりあえず完成しました!
表側と裏側、どちらもお使いいただけるリバーシブルなペンダントに仕上がりました。

DSC06886

表側はピコットを多用してシロツメクサをイメージしています。
銀色の糸が胸元でキラキラ存在感を放ちます。

裏側がクローバー。重なったブリッジでケルトをイメージ。
シンプルスタイルにおすすめです。

真ん中のコットンパールはありあわせで付けたので、ちょっと雑ですみません。
本当に販売する際にはもうすこし違うものがつくと思います。
一旦完成してもあれこれ触ってしまうタイプなのです。

古代ケルト人が守護のお守りとしても使っていたというクローバー。
日本にはオランダから伝わりました。シロツメクサという名前は、オランダからのガラス製品を詰めるときに梱包材として用いたからだと言われていますね。
こどものときはよく四つ葉探しに没頭したものです。

幸せが届くように、心を込めて今、第2陣を結っています。
いくつかできたら、カフェ店頭とminne等でのネット販売を開始したいと思っています。
(こうやって自分を煽っていく作戦!)

チェーンより革紐を通してワイルドな雰囲気にしたいなぁ。

ちなみに背景の花はベロペロネという花です。
夏はグリーンな花がいいですね♪
お店にもベロペロネとパイナップルリリーを飾っています。

DSC06882

ベロペロネ、ってなんだか変な名前ですね(笑)
それではそれでは、また今度!!

私のTwitterはこちら♪
ブログランキングに参加しています!
ちょっとおもしろいかも、と思ったらぜひクリック♪


人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です