Me

AUTHOR

Riekan::りえかん

こんにちは。Riekanです。
北陸でカフェを営む傍ら、狭いところで小さいものを作っています。
主に小さくてまるいものを好みます。

森見登美彦、梨木香歩、星新一などの小説が好きです。
ファンタジー小説やSF小説も大好き。

ピアノ少々。
小原流の生け花とチェロを習っています。

私のカフェはこちら→ あめん堂HPへ

Aiuola*アイウォーラ

Aiuolaとはイタリア語で花壇の意味です。
ガーデニングや生け花が好きな私。
タティングレースなどでも花モチーフが大好きです。
良かったら、私の花壇をみてやってください♪

詳しい由来についての記事を書きました。

Tools

DSC06820

私のタティング用ポーチにはこんなものが入っています。

シャトル(Aerlit Shuttle)

ボビンが交換できるAerlitシャトルを使用しています。
かぎ針が付いているので途中で解いたりするのに都合がいいです。
クローバー社のも持っていますがあまり使いません。
(あの尖りが指にささるのです…)

このタイプのボビンの緩みを解消する記事を書きました。

ボビン入れ(お香の桐箱)

もともとお香が入っていた桐箱をボビン入れにしています。
常時8巻くらい入っていて、糸にほのかにお香の香りがうつります。

かぎ針(クローバー社12号)

シャトルについているものより細いので、80番のレース糸を使うときに。
たまにキャップが行方不明になります(;´∀`)

糸切り(リッパー)

ハサミより細かい所に入るのと、小さいので入れています。
ただし思い切りよく切らないと糸端がでろでろになるので注意。

他にも、どうしても解けない時に使う針や、針を使うときに使う指ぬきなどいろいろです。

以下気が向いたら追加します。