Daily Life, Tatting lace, お道具談義

ぴったしかんかん、ニベアの青缶。

こんにちは~、Riekanです♪
お、今回は記事更新が早いぞーいつもより!!

大きい方の作品(クロスモチーフのやつね)をお休みして、ちまちまと小さいものを作っています。前の記事のワスレナグサ、結構たくさんできてきました。

毎日3輪くらいずつ増えてます。
大きさは、小指の先くらいかなぁ。ジョセフィンノットがうまくいくときとうまくいかないときの差が激しいです。つい締めすぎちゃったりとか。最近はちょっとうまくなってきたような、そうでもないような。難しいですねジョセフィンノット。

何に使うかまだあまり考えていないので、糸端はまだ処理してません。これは小さいので、ピケってちょっきんパターンだと思います。

そんで、これだけを作るんだったら普段の手芸箱も重いし、あんまり道具持ち歩く必要ないかなぁと思って、ためしに使い終わったニベアの青缶に入れてみたところ・・・

DMCのコルドネスペシャルの糸玉が入ることに気付く・・・!!(1mmほど蓋が浮く場合があるけど、まぁそれくらいは誤差です)

いや、ほんとそれだけなんですけど個人的に衝撃だったので。ニベアの青缶って、大きすぎもせず小さすぎもせず、持ち歩くのにちょうどいいんですよね。缶だから耐久性もありますし。

これはスタンダードな青缶だけど、今使ってる限定缶が終わったらそれに入れようかなぁと思ってます♪デコるのもありだわね。

今Twitterのアイコンにもなっているイヤリングの土台モチーフを#80で編んで、ワスレナグサくっつけてみようかなとか、色々考えてます。まぁまずは途中になってるネックレスとブレスレットを仕上げなくちゃだな。

暖かくなってきたので、少しモチベーションが上がりつつあります。
がんばるぞ~!!!

それでは今回はこの辺で。またね~(´∀`*)ノシ

私のTwitterはこちら♪
ブログランキングに参加しています!
ちょっとおもしろいかも、と思ったらぜひクリック♪


人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です